腰痛予防に努めよう

いつも病院を忙しそうに動き回っている看護師。彼女たちの悩みとして多いのが腰痛だ。立ち仕事が多い・患者の介助やシーツ交換・病室の清掃など、中腰の姿勢が多いのも原因である。そして、不規則な生活からくるストレスは背中の筋肉を緊張させやすく、それも痛みの原因となってしまうのだ。腰痛は看護師の職業病であるが、腰が痛いからといって仕事で手を抜くわけにもいかないのである。そのため、どのように予防していくかが大切なのだ。まずは、しっかり寝ることだ。体を横にすることによって立位から解放され、腰にかかる圧も軽減されるのである。すでに腰へ痛みのある人は、仰向けより横向けで寝るのをお勧めする。仰向けは腰が反ってしまい、腰椎に負担がかかると言われるからだ。どうしても仰向けで寝たいのであれば、ひざ下にクッションなどを挟むと、腰椎にも負担が掛かりにくいといわれている。もう一つは、ストレッチ運動をすることだ。立ち仕事や同じ動作の連続が続くと、体はそのクセがついてしまう。腰回りや足部分のストレッチをしてみると、腰痛持ちは安易に左右の筋肉の伸びの悪さを実感できるのだ。適度なストレッチをすることで、痛みの予防や軽減が期待できるのである。また、足元の管理も大切だ。靴は自分の足に合うものを選び、長く履いた靴は靴底のメンテナンスをしっかり行うのが望ましい。靴底が擦れてきていると感じれば、思い切って修理するか買い替えをしてしまうのが望ましいのである。靴底の擦れに左右の差がうまれてしまうと、腰痛の原因になってしまうからだ。このように、日常で少しでも気を付けて予防に努めるのが大切なのである。その他の対策⇒〔詳細


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by WordPress. Design: Supermodne.